海運を通して
瀬戸内海の
暮らしを支える

私たち竹谷海運は、淡路島で海運事業を展開しております。当社は現在、198Tの白油船、498Tの黒油船の2隻体制で運航しています。
今後も安定して運航出来る様体制を強化していきます。

Work

仕事内容

穏やかな瀬戸内海で
安定した業務環境

取引先の旭タンカー株式会社、旭陽タンカー株式会社から
運送依頼を受け各製油所より石油製品を各油槽所に届けます。
岡山県の水島や愛媛県の菊間を基地とし、岡山県、香川県の観音寺市など
主に瀬戸内海を中心にエネルギーを供給しています。
運送距離が短いため航海時間も短く、波の穏やかな瀬戸内海は
初心者でも安心して仕事ができる環境です。
また、大阪/神戸~大分/徳山間の瀬戸内海を中心に運送を行なっています。

  • 第十春日丸
  • 第十二春日丸

安全意識を徹底した
プロフェッショナル集団

黒油(dirty oil)と呼ばれる重油を運ぶ、第十春日丸と白油(clean oil)と呼ばれるガソリン、灯油、軽油を運ぶ第十二春日丸を運航しております。
危険物を取り扱うため積荷、揚荷とも荷役前、荷役中の安全確認が欠かせません。
当社では、取引先の旭タンカー株式会社の安全部門の研修会にも参加し、日頃から安全意識を高め、基本事項の徹底を実行し無事故記録の達成など、荷主様のご期待にこれからもお答えして参ります。

「海」をフィールドに、
様々な物流業務を支える

海上船舶への燃料の給油を行う船舶の事を、バンカー船といいます。
第十春日丸は、このバンカー船業務が多く主に外国船舶にC重油を給油をする業務を行っています。
第十二春日丸は、各製油所から油槽所へ、ガソリン、灯油、軽油等を運搬しております。
外国船舶への給油又油槽所へのガソリン等の運搬が物流業務の支えとなっております。
第十春日丸が6名、第十二春日丸が3名で運航し、各クルーがローテーションを組み陸上休暇を取るシステムで運航しております。

【本社】

〒656-0501兵庫県南あわじ市福良甲515-7
TEL 0799-52-2415 FAX 0799-52-3563
MAIL awaji-kaiun@taketanikaiun.co.jp

【姫路事務所】

〒670-0912 兵庫県姫路市南町63ミツワビル1F
TEL 079-257-1615
MAIL himeji-office@taketanikaiun.co.jp

Company

会社概要
Overview
商号 竹谷海運株式会社
所在地

[本社]〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲515-7
TEL 0799-52-2415 FAX 0799-52-3563
MAIL awaji-kaiun@taketanikaiun.co.jp

[姫路事務所]〒670-0912 兵庫県姫路市南町63ミツワビル1F
TEL 079-257-1615
MAIL himeji-office@taketanikaiun.co.jp

取締役

代表取締役社長竹谷 重弘

取締役副社長竹谷 方利

専務取締役榎本 和訓

設立 1964年4月17日
事業内容 石油類の運送業/貨物類の運送業/左記に附帯する一切の業務
資本金 3400万円
年商 330,667,597円(2019年度)
従業員数 18名
取引先 旭タンカー株式会社/旭陽タンカー株式会社
取引銀行 淡路信用金庫/みなと銀行/徳島大正銀行

Company

沿 革
History
1952年 現淡路市志筑にて、玉葱運搬船 春日丸を買船
淡路島の特産品の玉葱輸送を開始する
その後2隻を増強し神戸、岡山~淡路島間の特産品の輸送に従事する。
(この船名より春日丸となる。)
1959年 木造タンカー第六昭成丸100k/l積みを買船し、
光洋汽船(株)と取引きを開始し、本格的な内航海運業を開始する。
1962年 初の300k/l積み油タンカーを福良寺岡造船にて建造
1964年 2隻目の350k/l積み油タンカーを建造と同時に組織を法人化し、
名称を竹谷海運株式会社とする
1966年 旭タンカー(株)運航船500k/l積み第1光丸を買船し
旭タンカー(株)と取引き開始
1971年 徳島神例造船所にて、白油船500k/l積み初代第8春日丸を建造
1975年 広島新日光造船所にて初代第10春日丸1000k/l積み黒油船を建造
1976年 第1光丸終了に伴い旭タンカー㈱退社
1977年 岡山石田造船所にて白油船第2春日丸を建造
1983年 光洋汽船(株)との共有船567T LPG船アイコウペガサスを永宝造船にて建造
1984年 順次LPG船 末広丸、第11光邦丸、白油船第5八幡丸を買船
1985年 神例造船所にて198T白油船第5春日丸を建造
1993年 讃岐造船所にて499T白油船2代目第8春日丸を建造
1996年 共栄造船所にて498T黒油船2代目第10春日丸を建造
1998年 共栄造船所にて198T白油船第12春日丸を建造
2000年 以降、光洋汽船(株)との取引にて運航を重ね、順次船齢の満了と共に船腹を調整していく
2007年 3月光洋汽船㈱の閉鎖に伴い、経営のスリム化を断行
4月より光洋汽船(株)活動停止により旭タンカー㈱への運航委託を開始する

以来2020年現在498T黒油船第10春日丸を旭タンカー㈱
198T白油船第12春日丸を旭陽タンカー㈱にて運航中

Contact

お問い合わせ

ご意見・ご質問など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

メールフォームでのお問い合わせ
Contact Form
お電話でのお問い合わせ
  • (本社) TEL 0799-52-2415
  • (姫路事務所) TEL 079-257-1615